KATO LABORATORY
Nagoya University

キービジュアル

KATO
LABORATORY

Nagoya University
Institute of Materials and Systems
for Sustainability

ナノスピン構造の作製から
スピントロニクスデバイスへの活用

加藤研究室では情報機器の更なる高機能化や省エネルギー化を実現するスピントロニクス,ナノスピンデバイスを研究しています.

ABOUT

加藤研究室の研究分野

学生へのメッセージ

RECRUITING

01

磁気ランダムアクセスメモリの
高効率書き込み手法の開発

02

極短パルスレーザーによる
磁化ダイナミクスの観測とその制御

03

磁気抵抗素子を利用した
高機能磁気センサの開発

04

イオン照射によるナノスピン構造の作製と
磁気デバイスへの応用

スピンエレクトロニクス,
ナノマグネティクスなどに関連した研究を行っています.

さまざまな磁性薄膜を作製し,その諸特性を測定するための以下の装置群を整備しています.

FACILITIES

2024.01.31

IEEE Magnetics Society Nagoya Chapter 若手研究会でM2 藤田君と大島助教が発表しました。

名古屋大学
未来材料・システム研究所 高度計測技術実践センター

〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 未来材料・システム研究所 (工学研究科電子工学専攻) 加藤研究室
IB電子情報館北棟3階 325室

Google Maps

キービジュアル
PUBLICATION